キスのカロリーと糖質!栄養や効果なども紹介

キスの調理法

キスのカロリーと糖質

食べ物のカロリー
85キロカロリー(kcal・※可食部100gあたり)

【糖質】
0.1g

キスの天ぷらのカロリーと糖質

【カロリー】
61キロカロリー(kcal・25g)

【糖質】
2.9g

キスのフライのカロリー

【カロリー】
261キロカロリー(kcal・1人前)

キスの骨せんべい(なとり)のカロリー

【カロリー】
313キロカロリー(kcal・1袋)

関連記事

キスの特徴などはコチラ。

他の魚介類のカロリー

アマダイ

サケ

ブリ

マグロ

113キロカロリー(kcal)

133キロカロリー(kcal)

257キロカロリー(kcal)

108キロカロリー(kcal)

タイ

サバ

タラ

アンコウ

142キロカロリー(kcal)

202キロカロリー(kcal)

77キロカロリー(kcal)

200キロカロリー(kcal)

アユ

ふぐ

カンパチ

イサキ

100キロカロリー(kcal)

84キロカロリー(kcal)

129キロカロリー(kcal)

127キロカロリー(kcal)

タチウオ

カマス

ハモ

カジキ

266キロカロリー(kcal)

148キロカロリー(kcal)

144キロカロリー(kcal)

99キロカロリー(kcal)

にしん

カワハギ

ヒラメ

カレイ

216キロカロリー(kcal)

83キロカロリー(kcal)

103キロカロリー(kcal)

95キロカロリー(kcal)

ししゃも

穴子

うなぎ

コチ

177キロカロリー(kcal)

161キロカロリー(kcal)

255キロカロリー(kcal)

127キロカロリー(kcal)

アジ

いわし

カツオ

さんま

126キロカロリー(kcal)

217キロカロリー(kcal)

114キロカロリー(kcal)

297キロカロリー(kcal)

タコ

イカ

エビ

トビウオ

76キロカロリー(kcal)

83キロカロリー(kcal)

82キロカロリー(kcal)

79キロカロリー(kcal)

うに

サザエ

あさり

毛ガニ

120キロカロリー(kcal)

89キロカロリー(kcal)

30キロカロリー(kcal)

72キロカロリー(kcal)

牡蠣

しじみ

ホタテ

はまぐり

60キロカロリー(kcal)

64キロカロリー(kcal)

88キロカロリー(kcal)

36キロカロリー(kcal)

比較すると、カロリーは低めになっています。

キスの栄養と効果

キス
キスは、高タンパクで脂肪が少なく低カロリー。

ほとんどが水分とたんぱく質なので消化がよく、胃腸の調子が悪い時でも食べやすい魚になります。

 
リジンやグルタミン酸が豊富に含まれているので、あっさりとした味が特徴になっています。

カルシウムを含んでいて、骨や歯を丈夫にし、骨粗しょう症を予防する効果が期待できます。

また、カルシウムの吸収をよくするビタミンDも豊富に含まれていて、骨ごと食べれば、カルシウムとビタミンDをより多く摂ることができます。

キスの主な効果

骨や歯の健康維持・骨粗しょう症の予防・高血圧の予防や改善・精神安定作用

キスの主な栄養成分

リジン・グルタミン酸・カルシウム・ビタミンD

スポンサードリンク







あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。