穴子(アナゴ)のカロリーと糖質!栄養や効果なども紹介

アナゴの栄養

穴子のカロリー(kcal)と糖質

食べ物のカロリー
穴子のカロリーですが、生の場合は161kcal・蒸した場合は194kcalであり、糖質は0.0g。(※ 可食部100gあたり)

穴子1尾(開き身・70g)のカロリーは113kcalになります。

カロリーは高いので、ダイエットには向いていない食材といえます。

 
他の魚介類のカロリーや糖質は、以下のようになっています。

  • サバ・・・247kcal・0.3g
  • サケ・・・133kcal・0.1g
  • ブリ・・・257kcal・0.3g
  • タイ・・・177kcal・0.1g
  • ウナギ(蒲焼き)・・・293kcal・0.1g

   
他の魚介類と比べると、カロリーや糖質は低くなっています。

穴子の栄養と効果

アナゴ
穴子は、ウナギにくらべると価格は安く淡泊な味わいになっていますが、その栄養はウナギに負けないほどあります。

ウナギと同様に脂肪分が多く、ビタミンAやビタミンE・DHA・EPA・カリウムなどの栄養が豊富に含まれていて、夏の滋養強壮に適した魚になります。

 
アナゴに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

ビタミンA

ビタミンAは、他の魚の100倍近く含まれています。

穴子を100g摂ると、成人の1日所要量の80~90%に相当します。

 
ビタミンAには、皮膚や粘膜の抵抗力を高め、風邪を予防する働きがあります。

また、視力調整機能があり、暗闇でも目を見えやすくしたり、目の粘膜を守るなどの作用があるので、目の健康を保ちます。

この他、眼精疲労やドライアイの予防や改善にも効果大であり、免疫力を高めるので、がんにも有効とされています。

ビタミンE

ビタミンEは、レバーの約6倍もの量が含まれています。

抗酸化作用があり、体内の酸化をおさえるので、動脈硬化の予防や老化防止に対する効果が期待できます。

ビタミンAと協力して、ウイルスや細菌・がんなどに有効であり、老化防止に対する効果も期待できます。

 
穴子に含まれているビタミンAやビタミンEは、油を使って調理すると吸収率が高まるので、天ぷらなどにするといいです。

カルシウム・ビタミンD

骨ごと食べることができる小魚ほどではないですが、骨や歯を丈夫にするカルシウムを含んでいます。

また、カルシウムの吸収を促すビタミンDが豊富に含まれています。

その他

脂肪が多いのにあっさりとした食感なのは、脂質に含まれるオレイン酸のおかげになります。

血圧を下げる作用のあるカリウムが含まれています。

脳の働きを活性化し、コレステロール値を下げる作用がある、不飽和脂肪酸のDHAやEPAが含まれています。

穴子の主な効果

高血圧の予防、改善・動脈硬化の予防・美肌効果・老化防止

穴子の主な栄養成分

ビタミンA・ビタミンD・ビタミンE・DHA・EPA・カリウム・オレイン酸・カルシウム

合わせてどうぞ

穴子の特徴などに関する記事です。

スポンサードリンク




あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。