穴子のカロリー一覧と糖質!寿司や天ぷら・丼など

アナゴの栄養
穴子は、ウナギによく似た細長い体型の海水魚。

あっさりとした味わいが特徴で、食べやすくて美味しいので人気があります。

お寿司や天ぷら・煮穴子・蒲焼きなどいろいろな調理法がありますが、今回は、あなごに関するカロリーを一覧にして紹介したいと思います。

穴子のカロリーと糖質

食べ物のカロリー
【カロリー】161kcal・可食部100gあたり

【糖質】0.0g

穴子(1尾)のカロリー

【カロリー】113kcal・70g

穴子と他の魚介類のカロリー比較

比較

アマダイ

サケ

ブリ

マグロ

113kcal

133kcal

257kcal

108kcal

タイ

サバ

たら

アンコウ

142kcal

202kcal

77kcal

200kcal

アユ

キス

カンパチ

イサキ

100kcal

85kcal

129kcal

127kcal

タチウオ

カマス

ハモ

カジキ

266kcal

148kcal

144kcal

99kcal

アジ

いわし

カツオ

さんま

126kcal

217kcal

114kcal

297kcal

比較すると、カロリーは少し高めになっています。

穴子寿司のカロリーと糖質

穴子寿司
【カロリー】116kcal・2カン

【糖質】16.5g

回転寿司屋さんではおなじみの穴子寿司。

食べやすくて美味しいので、大人から子供まで人気があります。

カロリーは少し高めになっています。

穴子押し寿司のカロリー

【カロリー】196kcal・2切れ

やわらかく煮た穴子を使って作った穴子押し寿司。

甘いタレと穴子の相性がよく、にぎり寿司とはまた違う美味しさがあります。

カロリーはかなり高いので、少しずつ食べましょう。

穴子巻き寿司のカロリー

【カロリー】159kcal・1人前

穴子を具材とした穴子巻き寿司。

きゅうりやかんぴょう・タマゴなどといっしょに巻かれる事が多いですが、香ばしい穴子とほかの具材の相性がとてもいいです。

カロリーは少し高いですが、やみつきになる美味しさがあります。

穴子の天ぷらのカロリーと糖質

穴子の天ぷら
【カロリー】100kcal・30g

【糖質】2.2g

やわらかくふっくらとした穴子の天ぷら。

そのまま食べても美味しいのですが、天つゆをかけるまた違った味わいがあります。

油を使っていてカロリーは高いので、気になる人は1個だけにしておきましょう。

焼き穴子のカロリー

【カロリー】86kcal・1人前

ふっくらとして香ばしい焼き穴子。

口どけの良い繊細なあなごの風味がよく、とても美味しいです。

通販で多く販売されていますが、1人前のカロリーは低くなっています。

煮穴子のカロリー

煮穴子
【カロリー】200kcal・1人前

ふふふわでやわらかく上品な味がする煮穴子。

料理屋さんでよく見かけますが、材料さえあれば家庭でも簡単に作ることができます。

みりんやしょう油などをつかっているので、カロリーは高いです。

穴子の蒲焼きのカロリー

【カロリー】407kcal・1/2尾

ふっくら焼いたあなごに甘辛いタレをからめた穴子の蒲焼き。

味が濃く美味しいので、ご飯のおかずにピッタリ。

カロリーは高めなので、気になる人は食べる量を調整しましょう。

穴子丼のカロリー

海老穴子天丼
【カロリー】480kcal・1杯

クセがなく上品な味わいのあなごを天ぷらにし、甘辛いタレをかけた穴子丼。

定食屋さんでは、大きなあなごがのった状態でよく販売されています。

カロリーはとても高いですが、食べごたえがありお腹がいっぱいになります。

あなごめしのカロリー

【カロリー】178kcal・100g

瀬戸内地域の郷土料理であるあなごめし

あなごを蒲焼きにし、うな丼のように盛りつけますが、食べやすくて美味しいです。

カロリーは少し高いですが、満足できる一品になっています。

さいごに

うなぎとよく比較される穴子。

うなぎは、脂がのっていてこってりとした味わいがありますが、穴子は、あっさりとした上品な白身魚です。

カロリーに関しては、うなぎが255kcal・穴子が161kcal(100g当たり)なので、穴子のほうがかなり低くなっています。

夏場といえばうなぎを食べるというイメージがありますが、カロリーを気にする人は穴子を食べましょう。

 
【穴子の特徴などはコチラ】
▶▶▶穴子(アナゴ)の特徴とは?旬や産地なども紹介

スポンサードリンク




あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。